マンガ

初々しい中学生の恋愛を描いた、いまイチ押しのラブコメ『僕の心のヤバイやつ』

「このマンガは、ヤバイやつだ!」

『僕の心のヤバイやつ』の第1話を読み始めて、わずか数ページをめくったときに悟りました。ホントすぐにヤバイやつだってわかりました。

主人公の京太郎がかなりぶっ飛んだ思考で、端的に言うと重度の中二病。それも、ヤバイ方向にいっちゃってる中二病なんですよ。

もうまさに思春期って感じの拗らせ方で、いきなりヒロインである山田を殺したいとか考え始めちゃうんです。そして、その死体を自分のものにする想像を夜な夜な繰り返しては、自己嫌悪してるらしいんですよ。

ね?ヤバイでしょ?

半端じゃない拗らせ方してますよね。こんなやつが主人公で、初々しい高校生の恋愛漫画になるわけないって思うじゃないですか?

それが、なるんですよ。

どんな人にオススメ?

ドキドキするような恋愛漫画を読みたい人や学生時代の青春時代を感じたい人にオススメです。

個人的にグッとくるオススメポイント

やはり学生時代を思い出すような初々しい恋愛観がこのマンガのグッとくるポイントです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?初々しい恋愛を見てキュンキュンしたい人、いますよね?

『僕の心のヤバイやつ』、マジで良いですよ。わたしは読んで、キュンキュンし過ぎて悶えてました。

わたしといっしょに悶えましょうよ。ここまで読んでくれて、ありがとです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です