マンガ

【ネタバレ注意】可愛さ抜群のラブコメ!漫画『ぼくたちは勉強ができない』第10巻感想

こんにちはー、夏川恵です。アニメ化が楽しみである『ぼくたちは勉強ができない』ですが、ついに第10巻が発売されましたね。

ラブコメ漫画での2桁巻数は、ホントにおめでたいですよね。

ここらへんの巻数になると状況が大きく動いてきたりしますが、『ぼくたちが勉強ができない』はどんな展開になるのでしょうか?

多少のネタバレがありますので、注意してくださいね。それでは、どうぞ。

読んだ感想

この第10巻も、安定感抜群の可愛さでしたね。やっぱり真冬先生あしゅみー先輩が人気が高いのかな?

この2人が、どうにも目立っていますよね。マッサージ回の、この2人の可愛さがヤバかったです。でもこの回は、最後のうるかのちょっと嫉妬して成幸に意地悪してる感じが一番可愛かった。

理珠がちょっとヒロインレースから外れてきてしまっているのが心配なところかなぁ。扱いがマスコットキャラ的な感じになってきてませんかね?異性というよりも女友達っぽくて、ここから挽回するのはちょっと難しそうかも。

うるかの海外留学の話も気になりますね。うるかの担当が「英語」だから、海外留学は最初の構想段階であった展開だと思うんですけど、どう着地させるのかが非常に楽しみです。ヒロインレースから外れるのか、それとも大逆転の布石なのか、ここがうるかの勝負所な気がします。

そして、いま一番勢いがあるのは、やはり文乃。文乃は、理珠とうるかの恋愛を俯瞰する立場で、また成幸の女心指導の師匠でもあるという絶好のポジションなんですよね。

恋愛系の話しのときに絶対に関わることになるので、成幸に異性として意識してもらいやすい位置です。

うるかや理珠に遠慮して今は身を引く形ですが、この第10巻の最後のエピソードで距離が縮まり、気持ちを抑えられなくなってくる展開になりそうで、ワクワクしています。次の第11巻が、今から楽しみ。

個人的なオススメポイント!

『ぼくたちは勉強ができない』第10巻で個人的にグッときたポイントは、成幸と文乃の疑似新婚生活です。

いや、あれはズルいでしょ。文乃可愛すぎるじゃん。お風呂上がりの感じとか、はみがきのエピソードとか、ホントもう悶えるぐらいの可愛さ。

これは共感してくれる人がたくさんいるでしょ。ホント最後に文乃が全てを持っていきましたね。このエピソードで、文乃人気がさらに高まりそうだ。

恋愛的には身を引いて一番遠そうだと見せかけて、実は一番成幸と進んでいますよね。これはうるかの「この泥棒猫」が、聞けるかもしれない…。(冗談です)

わたしは真冬先生を応援しているのですが、今回の第10巻では見事に文乃の可愛さにやられました。う~ん、これはヒロインレースがわからなくなってきましたね。

可愛さの面ではもちろん今回の真冬先生も最高に可愛かったんですが、恋愛面で見るとそんなに進展がなかったんですよね。

でもこの第10巻は、やっぱ文乃です。あの可愛さはあっぱれですよ、ホント。次の第11巻でもこの可愛さを維持していたら最強ですね。

まとめ

感想終わりです。いかがでしたか?ヒロインレース的には、文乃が1歩進んでいる印象を受けました。

ただ、真冬先生がマジで強いからなぁ。ここに次の巻で、うるかが関わってくると、どんな化学反応が起こるのやら…。もう、いまから楽しみでしかたないです。

ここまで読んでくれて、ありがとうございます!以上、漫画『ぼくたちは勉強ができない』第10巻感想でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です