マンガ

マンガ好きが紹介!異才を放つ衝撃の面白さ『チェンソーマン』

今回は、異才を放つ衝撃の面白さを持つ漫画『チェンソーマン』を紹介したいと思います。

この『チェンソーマン』は、週刊少年ジャンプで連載中のマンガです。

最初に読んだ印象が『これはなかなかぶっ飛んだ作品だ!』で、現在最新の5巻を読んだ印象が『これはなかなかぶっ飛んだ作品だ!』です。

つまり、ぶっ飛んだ作品なんですよ。

最初に言った通りジャンプ作品なのですが、良い意味でジャンプらしくないんですよね。『これぞ少年漫画の王道!』って感じでは全くなく、めちゃくちゃダークで陰鬱な世界観で、キャラクターもネジが飛んでるようなキャラしかいません。

ただ、読んだときに衝撃と刺激がある作品で、他のマンガでは味わえない感覚を得られるのが『チェンソーマン』の醍醐味になっています。

どんな人にオススメ?

ダークな世界観が好きで、奇抜で変わった漫画が好きな人に絶対的にオススメです。

普通のマンガだと刺激が足りない!もっと脳髄に衝撃がくるような作品をくれ!と思っている人に読んでもらいたい作品ですね。

ダークでグロなマンガはたくさんあるのですが、『チェンソーマン』はその中でも少し独特なんですよ。

キャラクターの考え方が、世間の常識とズレている感じなんです。しかも、それが作為的な感じではなくナチュラルにおかしいんですよ。

もの凄く自然に、頭のネジがぶっ飛んでるんですよね。

その独特な感じがこの『チェンソーマン』の個性となっているんです。

そういう独特で変わった作品で、それでいてダークで陰鬱な感じのマンガを求めている人に読んでもらいたいマンガです。

個人的にグッとくるオススメポイント

世間の常識と少しズレている世界観が、『チェンソーマン』のグッとくるオススメポイントです。

さきほども言いましたが、『チェンソーマン』はホントに独特なんです。ナチュラルに登場キャラクターが、”わたしたちの知る常識”とズレた感覚を持っているんです。

『チェンソーマン』の世界自体が殺伐で陰鬱な雰囲気なんですが、その世界にいたら確かにこういうズレた感性の人が当たり前になるかもなって素直に納得できるのが良い。

ネジの外れた感じが、嘘っぽくないところが好きですね。

これは読んでいて感情移入がし辛い漫画とも言えますが、『どうしてこのキャラはこういう考えになったんだろう?』と考える楽しみがある漫画とも言えます。

こういう考えさせられる漫画がわたしは好きなので、この独特な世界観にわたしはグッとなりました。

まとめ

いかがでしたか?

『チェンソーマン』は、少年漫画の金字塔であるジャンプ作品とは思えないほど攻めたマンガで、そのダークな世界観とぶっ飛んだキャラクターが魅力の作品となっています。

普通の王道マンガじゃなく、もっとぶっ飛んでいて衝撃と刺激を与えてくれるマンガを読みたいと思っているあなたにオススメですよ。こういうマンガは希少なので、ぜひチェックしてみて下さい。

では、ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です