マンガ

【ネタバレ注意】異才を放つ衝撃の面白さ!漫画『チェンソーマン』第1巻感想

こんにちは、夏川恵です。『チェンソーマン』の第1巻がようやく発売されましたね。

雰囲気からして面白そうな感じがしたんで、ウズウズしながら発売を待ってました。実際に読んでみた感想なんですが、やっぱり面白かったです。

わたしは、面白い漫画の発見能力には優れているのかもしれない。ジャンプ漫画にしてはかなり人を選ぶ尖った作品ですが、わたしはこういうの好きです。

と、いうわけで感想を書いていきますよ?多少ネタバレもあるので注意してください。それでは、どうぞ。

※ちなみに、『チェーンソーマン』ではなく『チェンソーマン』ですよ!間違えそうな人が、結構いる気がする。

読んだ感想

第1話がホントに良かったです。連載初めの第1話は、その漫画の面白さを決定づける重要な話数ですが、完成度が高い。

まず、ダークな世界観が良い。最近のジャンプは、ダークで暗く陰鬱とした作風で、読者に重く鈍い衝撃を与えるような作品を求めていたと思いますが、その成分が第1話にしっかりと凝縮されているように感じました。

目の覚めるような絶望感」と、その展開を受けてから来る「全てを壊す快楽や快感」の落差がほどよいギャップを生み、ある種の爽快感を与えてくれました。

主人公のデンジの生い立ちが普通の人とはかけ離れているのですが、そんなデンジの願いが「普通の人が当たり前だと感じるようなこと」なのが印象深く人間味があって好きです。

作者の藤本タツキさんは、漫画『ファイアパンチ』の作者でもあるのですが、この『ファイアパンチ』も衝撃的な第1話だったんですよね。

わたしは『ファイアパンチ』の第1話も好きだったので、『チェンソーマン』でも期待していたのですが、期待以上で満足です。

ただ『ファイアパンチ』はちょっと感性が独特過ぎて、第1話の後はホントに人を選ぶ作風だったのですが、『チェンソーマン』では良い意味でそれが薄れていると思いました。

独特で人を選ぶ点については変わっていませんが、その点を生かしつつも大衆向けになっているので、ハマる人にはきっちりとハマると思いますね。

1つ気になるのが、世界観の設定についての詳しい説明がまだないところです。読んでいて、なんとなくこういう世界観なんだろうとイメージは付きますが、具体的な設定が気になるところ。

この世界観の説明部分で、読者の没入感が変わってくると思うので、その説明と設定次第で大化けする可能性があると思います。

個人的にグッときたオススメポイント!

マキマさんの包容力のある可愛さが、個人的にグッときた『チェンソーマン』のオススメポイントです。

『チェンソーマン』の第1話で、このマキマさんに惚れた人はかなりの人数いると思います。わたしは、このマキマさんのような小悪魔的かつ包容力のあるキャラに非常に弱いんですよね。

いやもう、めっちゃ可愛い。第2話とかマキマさんの出番が多くて、最高でしたね。すっごい優しい口調と声音で厳しいことを言う小悪魔っぷりがたまらないです。デンジを手玉にとる小悪魔な感じは、これからもどんどん出していって欲しいですね。

このマキマさんをどれだけしっかりと登場させるかで、『チェンソーマン』の人気が変わってくるのではと思っているぐらいに可愛いキャラです。どれだけ魅力のあるヒロインが描けるのかも、人気にかなり影響しますからね。話数が進むにつれ、出番が少なくなっているのでそこがちょっと心配です。

まとめ

いかがでしたか?最近のジャンプは、読者に衝撃を与える作品を求めていたと思います。
その答えの1つが、この『チェンソーマン』なのではないでしょうか?

人を選ぶ作品ですが、ハマる人にはハマると思います!これからの展開と世界観の設定次第で、大化けするかもしれませんよ?

ここまで読んでくれてありがとうございます。以上、漫画『チェンソーマン』第1巻の感想でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です