マンガ

マンガ『五等分の花嫁』をオススメします!

こんにちは、夏川恵です。今回の記事が、初めてのブログ投稿になります。拙いかもしれないですが、皆さんに作品の面白さが伝わるように感情を込めて紹介していきます。よろしくお願いしますね。

さて、本ブログの記念すべき最初の紹介作品は、現在アニメが放映中で話題にもなっている、マンガ『五等分の花嫁』です!

どんなお話し?(簡単なあらすじ)

今回紹介する作品の『五等分の花嫁』。作品のタイトルだけ聞くと、「五等分?花嫁を?サスペンスホラーかな?」と勘違いしてしまうかもしれませんが、中身は王道のラブコメになります。

主人公である上杉風太郎が、勉強ができない五つ子姉妹の家庭教師に選ばれ、勉強を教えると同時に彼女らの悩みに触れ、少しずつ交流を深めていく。そんな物語になっています。

感想・評価

「頭の良い勉強ができる主人公が、ヒロインに勉強を教える」のタイプのマンガです。最近の流行りですね。似たようなタイプのマンガに『ぼくたちは勉強ができない』や「天野めぐみはスキだらけ!」等があります。

『五等分の花嫁』は、「こういうラブコメが読みたかった!」と、思うぐらいにストーリーの展開が素晴らしいです。ヒロインが五つ子ですから、1人1人に見せ場を作る構成は難しいはずなんですよ。でも、そこを見事にこなしているんですよね。驚くべきバランス感で。

しかも、物語の引きが上手い。「え、ここでこのキャラがこんなことする!?」みたいなところで終わったりするんですよ。もう本当に先が気になって、仕方なくなります。

ここがオススメポイント!

『五等分の花嫁』は、とにかくヒロインが可愛いです。ヒロインが五つ子の姉妹ってところが本当に良いです。同じ見た目で、性格が違うってのがもう最高ですね。

色々な属性が多数そろっていて、しかも全員魅力があるという。おおまかな性格と属性はこんな感じです。

長女・一花は、年上お姉さん属性かつ、ちょいダメンズウォーカー。次女・二乃は、ツンデレだけど意外と家庭的で女の子らしい。三女・三玖は、クーデレで少し不器用。奥手そうに見えて結構積極的な面がある。四女・四葉は、元気っ子で若干天然。ただ、たまにめちゃくちゃキュンとさせられる。五女・五月は、食いしん坊。丁寧語なところが萌える。真面目だけど頑固。

この多彩なヒロイン全員に、ちゃんと見せ場がありますからね。絶対に1人は好きになれるヒロインが出来るっていうのが『五等分の花嫁』の凄いところで、オススメできるポイントです。

まとめ

初めての記事ですが、どうでしたか?この記事が皆さんの、マンガ選びの参考になれば幸いです。以上、マンガ『五等分の花嫁』の紹介でした!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です