マンガ

マンガ好きが紹介!ダークな世界観が魅力の漫画『呪術廻戦』

今回は、ダークな世界観が魅力の漫画『呪術廻戦』を紹介したいと思います。

どんな人にオススメ?

『呪術廻戦』は、ダークで欝々とした世界観が好きな人にオススメです。

勧善懲悪のスカッとした内容ではなく、登場するキャラクターの言動や行動について色々と考えさせられる作品です。

また、力がないと何も救えないなど厳しく現実的でもあり、少年漫画にしては虚しくなるような展開が多いです。

ただ、戦闘シーンに関しては完全に王道のバトル漫画で、『幽遊白書』や『ハンター×ハンター』が好きな人は『呪術廻戦』にもハマると思います。

欝々としたストーリーと少年漫画らしい王道のバトルが合わさっていて、このギャップが上手く緩急の波になっていて読んでて飽きない作品になっていると思います。

個人的にグッとくるオススメポイント

救えない話が多いところが、『呪術廻戦』のグッとくるポイントですね。

主人公たちは決して弱いわけではないのに、全てを救えずに虚しい展開になるのが少年漫画らしくなくて好きです。

少年漫画でよくある展開のなんだかんだでみんな救えたみたいな話も好きですが、そういうご都合主義の逆をいく現実的なマンガも好きなんですよねー。

『呪術廻戦』はそういう現実的な側面が多く含まれている漫画で、勧善懲悪でないところが色々と考えさせられて楽しいんですよね。

この現実的で報われない感じが『呪い』というテーマに合っていて、世界観が欝々と構築されていくんですよ。

これが少年漫画ってのが、ギャップがあってグッとくるオススメのポイントです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

『呪術廻戦』は、暗くて救いのない欝々としたストーリーの内容と、めちゃくちゃカッコ良い王道の少年漫画らしい戦闘描写が合わさったハイブリッドな漫画です。

少年漫画らしくない邪道な少年漫画が読みたいなら、この『呪術廻戦』を読んでみてはいかがでしょうか。

では、ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です