マンガ

マンガ『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』の感想【第13巻】

こんにちは、夏川恵です。今回は、現在放映中で話題になっているアニメ『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』の、原作最新刊である第13巻が発売されましたので、感想を書いていきたいと思います!

どんなお話し?(簡単なあらすじ)

将来を期待されたエリートの集う「秀知院学園」。生徒会会長・白銀御行と副会長・四宮かぐやは、両想いであるはずなのだが、お互い『相手から告白させよう』と常日頃から策を巡らせていた。

第13巻では、秀知院学園の文化祭「奉心祭」が始まる。「私は白銀御行が好き」と、自分の気持ちを認めたかぐや様。奉心祭で告白しようと気持ちが動くが……。そんな最中、学内に大きな事件が起こる。新章『文化祭と二つの告白』編の決着は……

ここがオススメポイント!

個人的に1番グッときたのは、この13巻の表紙にもなっている四条眞妃(通称:ツンデレ先輩)の可愛さです。ツンデレ先輩が、もう不憫可愛いんですよ!

なんか見ててホント哀しくなるぐらい不憫。でも、そんな不憫なところが超可愛いっていうジレンマがまた、たまらんのですよ。めっちゃ良い子なんだけどなぁ。タイミングに恵まれてないんですよ。

不憫キャラ推しも良いんですけど、あんまり不憫すぎると可哀想だから、報われるイベントが早く来て欲しいなって思います。いやぁ、でもホント可愛い。

まとめ

感想終わりです。いかがだったでしょうか?とりあえず、12巻まで追ってる人は、早く13巻を買って、次の巻までいっしょに悶えましょう。

かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』をまだ読んだことがない人は、1巻から読んでみて下さい。オススメですよ。現在アニメが始まったばかりで、まだ全然追いつけます。アニメ人気で、これからさらに原作マンガの人気が加速すると思うので、今がチャンスです。いっしょに読んで楽しみましょう。

ここまで記事を読んで下さり、ありがとうございました。以上、マンガ『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』第13巻の感想と評価でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です