マンガ

マンガ好きが紹介!珠玉の青春恋愛漫画『この音とまれ!』

高校生の部活物で、熱い青春恋愛漫画を読みたくありませんか?

今回は、最近アニメ化もされた、『この音とまれ!』を紹介したいと思います。

1巻の表紙はイケメン男子ですが、持っているものに注目して下さい。

この作品は、『箏』を題材にして扱っている作品です。『箏』を扱う少年マンガって珍しいですよね。

それで興味を惹かれてわたしも読んでみたのですが、中身は熱い部活物で青春と恋愛を上手くバランスよく描いた作品で楽しめました。

そこで、わたしが思うこの作品のオススメポイントを書いていきたいと思います。

どんな人におすすめ?

学生の青春ものが好きな人に特にオススメな作品になっています。

『この音とまれ!』は少年漫画ではありますが、少し少女漫画のテイストに近いです。ですが、内容はめっちゃ熱い漫画になっています。

『箏』の演奏を行う部活の筝曲部を中心にして話が進み、青春の全てを賭けて全国大会を目指す過程を描いていますが、その過程の努力が優雅と泥臭さが混在となっていて、それが熱い。

箏を演奏するシーンは優雅さを感じますが、その練習過程は地道な努力と練習量を積み重ねていて、そこのギャップが心にクルものになるんですよね。

ホント青春って感じで胸が熱くなりますよ。

他のマンガで言えば『ちはやふる』が好きな人はハマると思いますね。

個人的にグッとくるポイント

わたしがグッときたポイントは、部活の努力の合間に描かれるピュアな恋愛模様です。

『この音とまれ!』は、学生の青春を上手く描いているマンガです。部活物に必須な泥臭くも熱くなる努力や、すれ違いや部員同士の衝突などもきっちり書かれています。

そして、その合間に描かれる恋愛模様が良いんですよね。

なんていうか、ちょこちょこ合間に恋愛要素を挟んでくるんですよ。それが読んでて、箸休め的な要素になるんですよね。

しかも、めっちゃピュアピュアの恋愛なんですよ。それが少しずつ進んでいく感じがたまらんのです。

この青春と恋愛のバランスの良さが、『この音とまれ!』のオススメポイントになります。

まとめ

いかがでしたか?

『この音とまれ!』のような熱い部活物は、いつも読んでて心にクルものがあります。

『箏』という珍しい題材を扱っていて異色な感じが少しするかもしれませんが、内容は本当に熱い青春ものとピュアな恋愛が混ざった作品でした。

青春と恋愛のバランスが上手く取れていて、読んでて楽しい気分になれる作品になっていますよ。

ちょっと異色な題材の青春恋愛もの。読んでみたらきっと、新しい価値観をもらえるかもしれません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です