マンガ

マンガ好きが紹介!真実を捻じ曲げ虚構を作れ!漫画『虚構推理』

今回は、2020年1月にアニメ化した漫画『虚構推理』を紹介します。

『虚構推理』は、城平京さんの小説を原作とした漫画です。

城平京さんがストーリーに関わる漫画はめちゃくちゃ面白いものが多く、『スパイラル推理の絆』や『ヴァンパイア十字界』と言った知る人ぞ知る名作があります。

上記の2作を読んで知っている人は、『虚構推理』も絶対に好きだと思います。逆に『虚構推理』を好きな人は、上記の2作にハマると思います。

そして、まだ城平京さんの作品を知らない人に向けて、作品の特徴を書きます。

なんと言っても城平京さんの作品はストーリーの質が高いです。凄く論理的で、読んでて頭が聡明でクリアになっていく感覚が味わえるんですよ。

この謎が綺麗に解かれていくような感覚が最高で、読んでいて感嘆してしまうこと間違いなしです。

『虚構推理』は緻密に設定が練られていて、「こういうものを書きたいから逆算で物語を作る!」というのが明確で読んでいて楽しい作品です。

どんな人にオススメ?

『虚構推理』は、ミステリ小説のような論理的に事件の組み立てや解決を楽しめる人にオススメの作品になっています。

最初の事件は、『虚構推理』の世界観や前提条件を伝えるためのものになっているのですが、そこですでに面白いです。

妖怪や怪異などのファンタジー要素と推理を結びつける話になっていて、ファンタジーと推理という一見噛み合わなさそうな2つを綺麗にまとめています。

次の事件が作者が書きたかったものなんだろうなとわたしは思うのですが、その事件の思考の論理展開が凄く楽しいです。

「こうだからこれはこう!」みたいなことを本と一緒に考えるのが好きな人っていると思うんですけど、『虚構推理』はそれが出来る漫画なんですよ。

終盤になっていくにつれてパズルのピースがハマって頭がクリアになるような感覚って、最高ですよね?

そんな感覚が味わいたい人は、『虚構推理』を手に取ってみて下さい。

個人的にグッとくるオススメポイント

これは、ヒロインの岩永琴子の可愛さですね。

「えっ?推理とか論理的展開の良さを語っておいて、結局ヒロインの可愛さがオススメなの!?」って思いました?

いや、もちろん内容も素晴らしいんですけど、琴子ちゃんの可愛さも素晴らしいんですよね。

お嬢様っぽい見かけなんですけど結構肉食系な感じで、そのギャップが良いんですよ。

アニメ化で人気が出てもおかしくないとわたしは強く思ってるんですよね。まあ『虚構推理』を読めば、きっと琴子ちゃんの可愛さに納得できますよ。

多くは語るまい。

まとめ

いかがでしたか?

『虚構推理』は2020年1月にアニメ化した漫画で、緻密な設定と質の高いストーリーが高いレベルで混ざり合い、読み進めるとパズルのピースが綺麗にハマっていくような頭がクリアになっていく感覚が味わえる作品です。

ミステリ小説のような頭を使って考えることが好きな人は、『虚構推理』も好きだと思います。

そして、城平京さんがストーリーに関わっている漫画『スパイラル推理の絆』と『ヴァンパイア十字界』も絶対好きになれると思うので良かったら調べてみて下さい。

では、今回はここまでです。ここまで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です