マンガ

アイドルオタク物!マンガ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』をオススメします

こんにちは、夏川恵です。ここ数年、アイドルブームが続いていますよね。アイドルってキラキラしてて可愛いですが、そんなアイドルを追いかけて支えるファンの人達ってどんな感じなのかなって思ったことはありませんか?

今回は、アイドルとアイドルオタクの関係性を描いたマンガ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』を紹介したいと思います。アイドルを支えるファンの気持ちが、ちょっぴりわかるかも?

どんなお話し?

地下アイドル「Cham Jam」の古参オタ・えりぴよ。彼女は、推しメンバーの「舞菜」に収入の全てを捧げていた。

推しが武道館いってくれたら死んでもいい」と思うぐらいに深い愛を注ぐ、えりぴよの愛が報われる日は来るのか。人生の全てを捧げるアイドルオタとアイドルの関係性を描いた、アイドルオタあるあるネタ満載の純愛コメディ!

感想・評価

アイドルオタクで居続けるのも大変なんだなぁって思いました。マンガに書いてあることなので多少のフィクションはあるのかもしれませんが、現実でもありそうなあるあるネタが多いです。

アイドルのライブに行く時間を確保するためにフリーターになって、ライブの時間以外はお金を稼ぐことに従事して、そのお金で推しメンバーのCDを大量に買って握手の時間を延ばす。

本当に人生の全てをアイドルに捧げているんですよね。その一端を垣間見た気がします。こういうアイドルオタクのあるあるネタが、面白い部分ですね。たまに「こいつヤバいな」って行動もあって、そのぶっ飛んだ感じが好きです。

アイドルオタク側は、どいつもこいつも頭のネジが1本はずれてて、考え方が常人とは一味違うんですよ。会話がシュールで、そこがほんと笑えます。

ここがオススメポイント!

アイドルオタクが、アイドルを好きな気持ちが共感できるところがオススメポイントです!まず、表紙からわかる通り絵柄が可愛いんですよ。「Cham Jam」は七人組のグループなんですが、全員可愛い。

この可愛い子たちが、ライブに来た自分のことを覚えてくれてて「会いに来てくれて嬉しい」みたいな態度を取るわけですよ。そりゃ惚れるでしょ。向こうは、ファンの1人として接してるんだってわかっても、そういう態度取られたら好きになっちゃいますよ。

考えてもみて下さいよ。見た目が凄いタイプな可愛い女の子が、歌って踊って可愛い仕草をとってるんです。そんなの好きにならない方がおかしいですよね。

『推しが武道館いってくれたら死ぬ』の第1巻の序盤で、空音ちゃん(ショートカットの子)がね、言うんですよ。「わたしのこと好きでいてくれる人が好きなんです」って。この序盤のセリフで、「あぁー、アイドルを好きになっちゃう気持ち、ちょっとわかるなー」って思わされました。

この気持ちを共感できるところが、本当に良いです。実際にこの「Cham Jam」がいたら、自分は誰を推すかなって考えちゃうんですよね。7人全員にそれぞれ魅力があり、「誰を推そうかなー」って考えることが出来るんです。

そういうアイドル好きな人達の気持ちに共感できるのが、『推しが武道館いってくれたら死ぬ』のオススメポイントになります。

まとめ

いかがだったでしょうか?アイドルを好きになる気持ちを味わってみたい人、アイドルオタクのあるあるネタで笑いたい人にオススメできる作品です。

ここまで記事を読んで下さり、ありがとうございます。以上、『推しが武道館いってくれたら死ぬ』の紹介でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です