マンガ

マンガ好きが選ぶ!おすすめ男の娘マンガ『プラナス・ガール』の紹介

こんにちは、夏川恵です。この記事を読んでいるあなたは、男の娘って好きですか?

男の娘ジャンルは大好物です!
あんまり興味がないジャンルだなぁ……

など、様々な意見があると思います。

今回紹介させていただく『プラナス・ガール』は、男の娘が好きな人はさらに好きになり、男の娘に興味がない人には興味を持たせること間違いなしの作品です!

この『プラナス・ガール』を読んで、男の娘の可愛さに浸ってみませんか?

どんなお話し?

高校生の槙は、合格発表の時に出会った少女・藍川絆に恋をした。偶然にも藍川絆と同じクラスとなった槙だが、そこで衝撃の事実を告げられる。

藍川絆です!こう見えても男です

男の娘に一目惚れした槙の恋の行方は、果たしてどうなるのか。小悪魔な男の娘・藍川絆と、彼女に翻弄される槙の日常を描いたラブコメディ!

感想・評価

『プラナス・ガール』は、読んでいると可愛さやせつなさで胸がキュンとなる作品です。

作風は恋愛とコメディが半分半分といった感じで、男の娘である藍川絆のからかいに槙が翻弄されるのを見て楽しむ感じの内容です。

からかいと言った意味では、『からかい上手の高木さん』のヒロイン・高木さんがもし男の娘だったら、『プラナス・ガール』みたいな感じになるかもしれないです。

藍川絆のからかいが本当に可愛いんですよ!

見た目がほとんど女の子だっていうのもありますが、男だってわかってても可愛くて胸がキュンとなるんです。

この男の娘である藍川絆のからかい部分が、『プラナス・ガール』でしか味わえない良い部分だと思います。

また、恋愛の部分も良いです。恋愛の感じとしては、王子様系の主人公が可愛いヒロインを助けるタイプの少女マンガに近いですね。

槙は万能タイプの主人公で、藍川絆が困った時にフォローしたりするんですが、そこがかっこいいです。

ただ、槙はスペックで言えば王子様系なのに、藍川絆に翻弄され続けているためか苦労人のイメージが強い感じです。

基本的には明るい話が多いですが、シリアスな面も、もちろんあります。

主人公である槙は男であり、ヒロインである藍川絆も男なので、そこに悩みだったり葛藤があります。

もし藍川が本当に女の子だったら……」なんてことを考えてしまったりします。

そう言った悩みや葛藤の描写も含めて、『プラナス・ガール』は良い作品だと私は思います。この恋の行方がどうなるか、読んで確かめて欲しいです。

『プラナス・ガール』のオススメポイント!

『プラナス・ガール』のオススメポイントは、男の娘である藍川絆の小悪魔的な可愛さです!いやもう、本当に藍川絆が可愛いんですよ。とにかく見た目が可愛い。これが男ってズルいですよ。

こんなに可愛い男だったら、惚れるのもわかる気がします。しかも、見た目が可愛いだけじゃなく、中身も凄く可愛いんですよ。もう本当に小悪魔。

からかい方がめちゃめちゃ可愛い。
あんな可愛い感じでからかい続けられたら、絶対我慢できなくなりますよ。

なんていうかこう、男の娘っていうのを上手く利用した感じで、読んでてグッとくるんですよね。

この『プラナス・ガール』を読んで、「男の娘って良いかも」って感じた人はたくさんいると思います。見た目が美少女なのに男だっていうことに背徳感みたいなものがあって、そこがもの凄くそそるんですよ。

「ああもう、可愛けりゃ男でも良いや」ってなるんです。この藍川絆という男の娘の小悪魔的魅力を味わえるところが、『プラナス・ガール』のオススメポイントになります!

まとめ

いかがでしたでしょうか?『プラナス・ガール』を読めば、「男の娘」ジャンルの良さや魅力がわかると思います。本当に藍川絆が、可愛いです。

男の娘ジャンルが好きな人や男の娘ジャンルのマンガを一度読んでみたかった人にオススメですよ。

ここまで記事を読んで下さり、ありがとうございました。男の娘の魅力がたっぷりと詰まった作品、マンガ『プラナス・ガール』の紹介でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です