マンガ

【厳選】マンガ好きが選ぶ絶対オススメの百合マンガ3選!

こんにちはー、夏川恵です。この記事を読んでいるあなたは、百合マンガって読んだことありますか?「もちろん、大好物です!」って人や「うーん、百合はちょっとなぁ……」って人がいると思います。

色々な人がいると思いますが、これだけは伝えたいんです!百合マンガってね、面白いんですよ!

なんていうか読んでると、心が澄んでいくような、洗われたような気持にさせてくれます。最近は、結構百合マンガの需要が上がってますよね。みんなが良さに気付いてきているんだと思います。

でも、百合マンガってだけで敬遠する人もいて、ちょっともったいなって思ったんですよ。面白さも普通のマンガと全然変わらないし、百合マンガの良さがもっと広まればなぁって。

そこでまた、思ったんです!「百合マンガの良さを広めたいなら、自分で広めれば良いじゃない!」

というわけで、今回は百合マンガをまだ読んだことがない人にも、百合マンガが好きな人にもオススメ出来る、夏川オススメの百合マンガを3作紹介したいと思います!

熱帯魚は雪に焦がれる

1つ目の紹介作品は、電撃コミックスNEXTの『熱帯魚は雪に焦がれる』です!

1-1. どんなお話し?(簡単なあらすじ)

主人公の天野小夏は、父親の海外赴任の影響で親戚の家に預けられることになり、都会から田舎の高校に転校することになった。小夏が転校先で上手く周囲に馴染めず不安を抱えていたとき、水族館部の部員である帆南小雪と出会う。

小雪は、スポーツ万能・成績優秀で周囲からの人望も厚いが、そんな周囲の期待に息苦しさを感じていた。小夏は小雪と深く関わっていくにつれ、小雪の悩みや寂しさに触れて少しづつ惹かれていく。そして同じように、小雪も小夏の悩みや寂しさに触れ、 少しづつ惹かれていき……。

1-2. オススメのポイントは?

『熱帯魚は雪に焦がれる』のオススメポイントは、透明感!この一言に尽きます。とにかく作品全体の雰囲気が、純粋で、綺麗で、透明感が凄いんですよ。

まずは、表紙の絵ですね。めちゃくちゃ綺麗。海の中にいるような透明感も良いですし、女の子のキャラデザも可愛い。この表紙だけでも凄いんですが、『熱帯魚は雪に焦がれる』は中の絵も凄いんです。驚くべきことに、本の中の絵柄も表紙のまんまでめちゃくちゃ綺麗なんです!

表紙の絵柄とか雰囲気が良くてマンガを買うことって結構あると思うんですけど、中の絵柄を見たらなんかイメージと違うって、あるじゃないですか。「表紙詐欺だー」、みたいな。『熱帯魚は雪に焦がれる』は、その心配は一切ないです。中の絵も表紙のイメージ通りの綺麗さで、とてもクオリティが高いです。

この絵柄が、作中の海辺の田舎町の空気とか、小夏と小雪の二人の関係性とかと妙に合っていて、たまらない気持ちになるんです。

肝心な百合の部分である、小夏と小雪の関係性なんですが、これもまた良いんですよ。気持ちがまっすぐで純粋で、見ていて心が澄んでいくんです。純粋に「あぁ、尊い」って、思わせてくれるんですよね。

百合の方向性としては、清いですね。本当に清い。ただれた耽美な感じとか、がっつり百合って感じでは全くないです。ただ、この2人の関係性・絵柄の綺麗さ・作品の雰囲気で生み出されている透明な感じは、他の作品では味わえないと思います。

表紙で雰囲気や絵柄が良いなと思った人、透明感のある百合を読んでみたいと興味を持った人は、絶対に合うと思います。

やがて君になる

2つ目の紹介作品は、電撃コミックスNEXTの『やがて君になる』です!この作品は、最近アニメでも放映されて話題にもなりましたし、知っている方も多いかもしれませんね。

2-1. どんなお話し? (簡単なあらすじ)

主人公の小糸侑は、「恋をする」という気持ちがわからなかった。侑が高校に入学し、出会った生徒会役員の七海燈子。

燈子もまた、「誰に告白されても付き合う気がない」と考える人間だった。侑はそんな燈子が自分と同じ考えを持つ人間なのではと考え、自分の考えを打ち明け相談したのだが……。

2-2. オススメのポイントは?

『やがて君になる』のオススメポイントは、侑と燈子の関係性の複雑さです!まず、侑も燈子も考え方が特殊なんですよね。普通の人とはちょっと違う感じ。少し歪んでるって言っても良いかもしれません。

その2人が生み出す関係性が、これまた普通とは違う感じなんですよ。なんていうか、2人の感情自体は綺麗なもののはずなのに、なぜかダークでドロっとしてるように感じるみたいな。

感情が濃くて、読んでる方も色々考えさせられて。それでいっしょになって考えてると、こう、切ないような、もどかしいようなジレンマを感じて、胸がギュッて締め付けられるんです。その感覚が、苦しいんですけどたまらないんですね。

しかも、そんな複雑な関係の中で、侑がめちゃくちゃ健気なんですよ。その健気さがもう可愛くて可愛くて。読んでて応援してあげたくなるっていうか。報われて欲しいなって思っちゃうんですよ。

百合の方向性も、やっぱり複雑なんですよね。ただれた耽美な感じではないけど、どこか背徳感のあるダークな感じっていうか。ただ、描写は素晴らしく良いですね。読んでてなぜか、緊張感があるんですよ。凄くドキドキします。

この読んでて心が複雑にかき回されるような感じは、『やがて君になる』独特のものだと思います。

そして、『やがて君になる』が凄いのは、複雑だけど王道を感じさせるところです。百合という関係性や人間の感情を動きが、きっちり表現されてて、とにかく面白い。これだけ単純に面白かったと思わせてくれるマンガは、そうないですよ。

とにかく面白い百合マンガが読みたい人、ジレンマのある複雑な百合が見たい人、オススメなので読んでみて下さい。

私の百合はお仕事です!

3つ目の紹介作品は、百合姫コミックスの『私の百合はお仕事です!』です!

3-1. どんなお話し? (簡単なあらすじ)

白木陽芽は、美少女だった。そして、その愛くるしい外見に合う完璧な外面を演じ、誰からも愛される少女となり、億万長者と結婚して玉の輿に乗るのが夢だった。

そんな陽芽だが、とある事情で、お嬢様学校をコンセプトとしたカフェ「リーベ女学園」の店員をすることになってしまう。

得意の外面を駆使し乗り切ろうとした陽芽だったが、店員の少女・美月のことを「お姉さま」と呼んだことから波紋が広がってしまい……。

3-2. オススメのポイントは?

『私の百合はお仕事です!』のオススメのポイントは、 百合マンガで面白いラブコメなところです!百合マンガって、作風が王道な恋愛マンガに近いものが多いんですよ。お堅い雰囲気というか、2人の恋愛の関係性をシリアスに描写することを重視しているというか。

もちろんそういう作品も大好きなんですが、そうじゃない作品も大好きなんですよね。『私の百合はお仕事です!』 は、コメディ描写ありで軽快な雰囲気を出して、テンポよく読める百合マンガなんです。王道の恋愛漫画な雰囲気ではなくて、ラブコメに近い雰囲気。

百合マンガのラブコメっぽい作風で、面白い作品なんです。読んでて凄い楽しめるんですよね。『私の百合はお仕事です!』の凄いところは、コメディ寄りなのに百合の関係性もきっちり描写しているところですね。

陽芽と美月のキャラと関係性が、非常に良い。とりあえず、陽芽が可愛いんですよね。誰からも好かれるような外面を演技しているのですが、演技とわかっていても可愛く感じるんです。

しかも、演技していない素の方も可愛いんです。図太いんですけど、周りの人のことをちゃんと考える繊細な面もあって、萌えるんですよねぇ。

美月の方は、ちょっと頑固で真面目すぎるタイプの性格なんですが、「リーベ女学園」の店員として働いてるときは、美人な優しそうなお姉さんって感じで、そのギャップが良いです。

そんな2人の関係性なんですが、「リーベ女学園」の店員の時の関係性と、働いていない時の素の部分の関係性の2つの関係性が楽しめるのが良いですね。表と裏の2面性がギャップを生んで、これまたニヤニヤ出来るんですよ。

百合マンガを読んで楽しみたい人、表と裏の2面性のある百合の関係性を楽しみたい人、『私の百合はお仕事です!』がオススメです!

4. まとめ

夏川オススメの百合マンガを3作紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか。

3作ともそれぞれに面白いポイントがあって、かつ内容も初心者の方に読みやすい作品を選んでいます。きっと、百合マンガ好きの方にはニヤニヤしていただけたのではないかなと思います。

この記事で少しでも興味を持っていただけて、百合マンガの良さを知っていただければ嬉しいです。以上、「夏川オススメの百合マンガ」の紹介でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です